上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャンクなTime Capsuleの修理 1

コンデンサを買ってきたのでさっそく修理に取り掛かります。


TC0002.jpg
まず裏のゴムカバー?を剥がします。
ドライヤーで温めながらあせらずゆーっくりゆーっくり。


TC0001.jpg
裏のネジを全て外すと裏蓋が取外しできます。
ファンの線がつながってるのでゆっくり開封。
右側にHDDが、左上に黒いもので覆われた電源があります。
その黒いカバーは触るだけですぐバキバキって割れちゃいました。


TC0003.jpg
電源を調べてみるとやはりコンデンサが2個液漏れしてた。
ネットの情報通りですね。


TC0008.jpg
うちのはこのコンデンサも怪しい。
頭が少し盛り上がってて、下から何か脱糞してる。
やべこれは買ってきてないや。
105℃電解コンデンサ 6.3V 470μFを明日買おう。


TC0004.jpg
とりあえずこの2つのコンデンサを交換してみる。


TC0005.jpg
死んだコンデンサの除去後です。


TC0006.jpg
マルツで買ってきたルビコンの電解コンデンサ 6.3V 1500μF
2個セットで200円でした。


TC0007.jpg
コンデンサの太さが違うから元通りに収まらないけど、まいっか。
筐体に収まるのを確認してからホットボンドで固めました。


TC0009.jpg
カバーがバキバキに割れてしまったんで、感電しないよう代わりに適当に作った。
ビニールテープでぐるぐる巻きでも良かったんだけど、ファンが回っても電源内に空気が流れなくなっちゃう。
・・・そもそも窒息ケースだから(略


TC0010.jpg
下部の穴全部ゴムで塞がれてるのに、このファンって役に立ってるのかな・・・?


TC0011.jpg
仮組みで動作確認。
ランプ点灯ヤッター!


無事起動したけど、微妙に不安定。
あのコンデンサが原因だろうか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/05 02:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fukag.blog55.fc2.com/tb.php/660-d4b1fcd9