上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャンクなTime Capsuleの修理 3

コンデンサ交換をしたTime Capsuleが動作不安定。

AirMac ユーティリティで表示される限りではステータスは正常。

もちろんS.M.A.R.T.でもエラーは表示されていない。

でもやっぱHDDがおかしい気がするので取り出してPCに繋げてみた。

PCでCrystalDiskInfoを起動したら

TC0018.jpg

セクタ異常でてるやん(´;д;`)

どしてAirMac ユーティリティのS.M.A.R.T.ではエラー表示されないの?!

この段階でS.M.A.R.T.の異常が出てないとファイル救出が絶望的になると思うんだけど。



さてさて、今Time Capsuleには250GBのHDDを入れてテスト中。

まだ一日目だけど安定して動作してます。

標準1TBでは本体が爆熱だったが、HDD交換したらぬるい程度です。

もうしばらく使ってみて、大丈夫そうなら大容量のHDDを買ってこよう。


2/22現在、NASしか使ってないけど全く問題なし。
使いまくっても爆熱になる気配なし。
標準のHDDはかなり熱くなるので、本体の熱が気になる人は5400回転のHDDへ交換をおすすめします。
ただし有線でのコピー速度がちょい落ちるかもしれませんが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/07 03:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

いいね
[ 2016/02/07 03:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fukag.blog55.fc2.com/tb.php/662-275e2497